前へ
次へ

葬儀の費用を安くする家族葬をするメリット

葬儀をする時は参列者の人数を増やすと式場の規模が大きくなり、費用が高くなるため親族だけで行う家庭も増えています。
親族だけで行う葬儀は家族葬と呼ばれ、高額の費用が出せなくて困っている場合に故人を偲べるように段取りを決めると効果的です。
参列者は少なくすると自宅以外の場所を確保しやすく、当日に集まってもらえるように案内をスムーズにできてかかる費用を減らせます。
家族葬は通夜や告別式を別々にするためにも費用を減らせ、自宅がマンションや団地など集合住宅であれば近隣の斎場を利用すると便利です。
斎場を確保する時は空き状況を確かめてから予約し、参列者に手紙や電話などで日時や場所を案内すると当日に集まってもらって故人を偲べます。
葬儀の費用を安くする家族葬をするメリットは参列者が少なくて当日に集まってもらうよう案内しやすく、手軽に故人を偲べるようになることです。
場所を決める時は参列者が集まりやすくなるよう配慮し、主要駅の近くなど分かりやすくするとタクシー代などを減らせてかかる費用を節約できます。

Page Top