前へ
次へ

家族葬に呼ぶ人は慎重に決めよう

家族葬にすると決めたら誰に声をかけるかをよく考えることが必要になります。
少ない人数でこぢんまりとした葬式にしたいという気持ちがあっても、この人だけは呼んでおかなければならないという人もいるでしょう。
故人の配偶者や同居家族だけで葬式を済ませてしまうと親戚関係が後々になって問題になってしまいかねません。
なぜ自分は呼んでくれなかったのかという指摘を受けてしまう可能性があるからです。
同じことを言えるのが故人の友人関係で、家族以外で呼ばれている人がいるのに、自分には声がかかっていないとなるとないがしろにされたと思われてしまうでしょう。
噂を聞いていると、声がかかっていないなら自分から聞いてみようと思う人もいます。
その人にどのように対応するかも考えておくことが大切です。
後の生活にまで響いてしまうようなトラブルを引き起こさないためにも、家族葬をするときには呼ぶ人を誰にするかは慎重に決めるようにしましょう。

Page Top