前へ
次へ

家族葬はどんな枠組みで行うものなのか

家族葬にしたいと思ったときには誰に参列してもらう形式にするのが正しいのかと悩むこともあるでしょう。
家族という言葉にも定義が色々あり、血縁関係にある人というケースもあれば、一緒の家で暮らしている人、あるいは親子という枠組みにすることもあります。
家族葬の場合にも定義が明確に定められているわけではありません。
状況と希望に応じて自由に選ぶことができるのです。
例えば、親が亡くなったときに親の配偶者と兄弟、子供とその家族という形で行うこともあります。
ただ、子供の家族までは参列しなくても良いだろうと考える場合もあれば、孫家族や従兄弟まで広げることも珍しくありません。
逆に同居している家族だけにしてしまうという家族葬もあります。
一方、家族ではない人に参列してもらっても問題はありません。
家族のように親しく付き合っていた友人を招いたり、雇っていた家政婦や使用人、介護士などに来てもらったりしても構わないものなのです。

Page Top