前へ
次へ

家族葬が増えている社会的背景

葬儀を執り行うときには通常は故人に関係のあった大勢の人に連絡をして盛大なものにします。
それによって故人が浮かばれると考えられているからです。
ただ、現代社会ではだんだんとその考え方が薄れてきていて、家族葬が目立つようになってきました。
家族葬が増加している社会的背景について理解しておきましょう。
大きな理由は都市部へ人口が集中してきていることと少子高齢化が進んでいることです。
都会で働くという人が増えてきている影響で地域とのつながりを持つ人が減ってきているため、葬儀のときに近所の人を呼ぶというケースはかなり少なくなってきています。
また、少子高齢化の影響で葬儀にかける費用をあまり負担できない状況が生まれ、葬儀の規模を小さくしたいという要望が強まっているのが現状です。
この二つの社会的背景から小規模で近しい間柄にある人だけで葬儀を行うのが合理的だと考えられるようになり、家族葬を選ぶケースが増えています。

Page Top