前へ
次へ

家族葬と密葬の違いを知ろう

家族や親しい友人だけで葬式をする方法として家族葬と密葬が知られていますが、この二つの違いを知っているでしょうか。
どちらもまずは故人を送るために家族と友人が集まるという形式を取るのは確かですが、その集まりの位置付けが違うということを覚えておきましょう。
家族葬の場合にはその集まりが通夜や告別式を行う機会になり、それで葬儀は完結する仕組みになっています。
それに対して密葬の場合にはあくまで親しい間柄の人たちが集まってお別れをする機会を作るだけで、本葬は別に行うのが一般的です。
つまり、まずは親しい人たちでゆっくりとお別れを告げ、心を落ち着けたところで一般的な葬式のように大勢の人を招いて通夜と告別式を行います。
ただ、この二つの言葉は曖昧な形で使われていることが多くなっているので注意が必要です。
家族葬、密葬という言葉を使って葬式に招かれたようなときには、それが本葬なのかどうかを確認しておいた方が安心でしょう。

Page Top